Diamond 4C 眩しく輝くダイヤモンド・セレクトポイント

ダイヤモンドには、人と同じくその大きさ(Carat)・色(Color)・内包物(Clarity)・輝き(Cut)それぞれに個性が認められ『4つのC』で評価されます。

Carat カラット

ダイヤの重さのこと。1カラットが0.2グラムを表します。一般的にカラット数が大きければ大きいほど稀少であり、価値もあります。ただ、カラット数の大小だけでは価値を比較できないのがダイヤ。他の基準も参考にして総合的に判断を。

カラット数によるテーブル面の変化

Color カラー

ピンクやイエローといったカラーダイヤは別として、無色透明であることが理想。最高ランクのDから始まり、黄色みをおびたZまで23段階に等級づけされています。
無色に近いものほど光をスムーズに透過させ、虹色に輝き、希少価値があります。見た目での透明度は「Fカラー」以上であれば肉眼で黄色味を判断するのは非常に困難ですし、Dカラーより希少性は下がったとしても輝きに影響は与えません。

カラー

Clarity クラリティ

キズや内包物の程度を表すダイヤの基準。全くの無傷を表すFLをトップにIF、VVS1、VVS2、VS1、VS2…I3まで11段階にクラス分けされています。
同じように見えるダイヤモンドでも、ふたつとして同じものはありません。そして天然であるが故に、大抵のものには内包物があります。この内包物が少ないほど希少価値が高くなります。ダイヤモンドの輝きに影響を与えるような内包物は避けたいとお考えなら、VS2以上をお選びになれば、肉眼では内包物を発見することは非常に困難ですし、輝きに影響を与えることもありません。

クラリティ

Cut カット

ダイヤモンドの最大の光輝と虹の輝きは、理想のプロポーションと最高の仕上げにカットされた時、ダイヤモンドのみが持つ美しさを最高に発揮します。

8つのハート(表側)とアロー(裏側)の図

8つのハート(表側)とアロー(裏側)の図

理想的なシンメトリーを持つ「エクセレントカット」ダイヤモンドには、ハートとアローが秘められています。ダイヤモンドのパビリオンサイド(裏側)からはハートの形が8つ、クラウンサイド(表側)からはアローの形が8本見ることができます。